連載

お年玉の管理や使い方はどうする?親子でお金の使い方や管理について話をする人は51.5 %

2022年12月13日

デジタル保険代理店「コのほけん!」を運営する Sasuke Financial Lab 株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役:松井清隆、以下「当社」)は、「お年玉に関するアンケート調査」を実施しましたので、調査結果をお知らせいたします。

調査期間は2022年12月9日の1日間で、お子さんがいる、全国の20歳〜59歳までの男女を対象に、インターネットリサーチを実施し、241名の有効回答を集計しました。

調査背景

2022年は金融教育(金融リテラシー教育)が盛り上がった1年でもありました。

2022年4月からの成年年齢引下げで、成人年齢が20歳から18歳となり、18歳からクレジットカードを作るなど金融に関する様々な契約を自ら行えるようになり、金融経済教育の重要性が高まっています。高校の新学習指導要領により、高校の家庭科において、2022年4月より資産形成の授業がスタートしました。

親子でお金の使い方のお話をしているご家庭がどの程度あるか等、アンケート調査を実施しました。

調査結果サマリー

ポイント

  • アンケート回答者の世帯年収は、「答えたくない・わからない」を除いて、最多は「500万円〜600万円未満」 13.3 %
  • 子どもの人数の最多は「2人」44.4 %、「ひとりっ子ではない割合」は61.1 %
  • 子どもの年齢は「その他」を除いて、最多「19〜22歳(大学生)」 22.0 %、「18歳以下の子どもがいる人」は84.2 %
  • お年玉をあげる予定の人とあげない予定の人が同数 45.2 %
  • お年玉の子ども1人あたりの予算の最多は「1万円以上2万円未満」 28.4%、
    全体で見ると、お年玉の子ども1人あたりの予算は、「5千円未満」が35.8 %、「5千円以上」 40.5%
  • 親(保護者)以外から子どもがお年玉をもらう予定があると回答した人は77.1 %、最多は「祖父母」55.0 %
  • 2021年で親(保護者)以外から子どもがお年玉をもらった金額の総額は「5千円未満」9.6 %、「5千円以上」82.1 %
  • 親子でお金の使い方や管理について話をする人は51.5 %、頻度の最多は「 たまに話をする」 24.5 %、話をしない人は44.4 %
  • もらったお年玉の管理方法の最多は「 親管理(本人名義の口座で親が管理している)」 50.5 %
  • お年玉で欲しいものを買いたいと子どもが言い出した時の対応で最多は「 本人に任せる(お年玉を使わせる)」 50.5 %

調査結果詳細

Q1.あなたの世帯年収(家族全員の年収を合算した金額)を教えてください。(N=241)

■「答えたくない・わからない」を除いて、
 最多「500万円〜600万円未満」 13.3 %
※アンケート回答者の世帯年収の中央値は「600万円〜700万円未満」

Q1 あなたの世帯年収(家族全員の年収を合算した金額)を教えてください。
1 100万円未満 2.1
2 100万円〜200万円未満 2.1
3 200万円〜300万円未満 5.0
4 300万円〜400万円未満 5.4
5 400万円〜500万円未満 12.0
6 500万円〜600万円未満 13.3
7 600万円〜700万円未満 9.5
8 700万円〜800万円未満 8.7
9 800万円〜900万円未満 6.6
10 900万円〜1000万円未満 5.0
11 1000万円〜1100万円未満 3.3
12 1100万円〜1200万円未満 2.1
13 1200万円〜1300万円未満 3.3
14 1300万円〜1400万円未満 0
15 1400万円〜1500万円未満 2.5
16 1500万円〜2000万円未満 2.1
17 2000万円以上 2.5
18 答えたくない・不明 14.5
全体(N数) 241

「答えたくない・わからない」14.5%を除くと、もっとも多かったのは「500万円〜600万円未満」 13.3 %です。また、アンケート回答者の世帯年収の中央値は「600万円〜700万円未満」でした。

Q2.お子さんの人数を教えてください。(N=241)

最多「2人」 44.4 %

Q2 お子さんの人数を教えて下さい。
1 1人 36.5
2 2人 44.4
3 3人 10.8
4 4人 5.0
5 5人以上 0.8
6 答えたくない 2.5
全体(N数) 241

子どもの人数について、もっとも多かった回答は「2人」44.4 %です。次点で「1人」36.5 %、「3人」10.8 %と続きます。「ひとりっ子」ではない割合は61.1 %となりました。

Q3.お子さんの年齢を教えてください。(N=241、複数選択)

■「その他」を除いて、
最多「19〜22歳(大学生)」 22.0 %

Q3 お子さんの年齢を教えて下さい。(複数選択)
1 0歳(未就学児) 5.0
2 1〜3歳(未就学児) 11.2
3 4〜6歳(未就学児、小学校入学前) 9.5
4 7〜8歳(小学1〜2年生) 10.0
5 9〜10歳(小学3〜4年生) 8.7
6 11〜12歳(小学5〜6年生) 8.7
7 13〜15歳(中学生) 18.3
8 16〜18歳(高校生) 17.8
9 19〜22歳(大学生) 22.0
10 その他 33.2
全体(N数) 241

子どもの年齢は「その他」を除いて、最多「19〜22歳(大学生)」 22.0 %、「18歳以下の子どもがいる人」は84.2 %です。
「その他」と回答された人は、22歳以上と回答されていました。

当アンケート調査の回答者は13歳以上のお子さんがいらっしゃる方が多いようです。Q2の設問の結果と総合すると、兄弟姉妹で、成人のお子さんがいらっしゃる方が多いことがうかがわれます。

Q4.新年(2023年)、お子さんにお年玉をあげる予定はありますか?(N=241)

■お年玉をあげる予定の人とあげない予定の人が同数 45.2 %

Q4 新年(2023年)、お子さんにお年玉をあげる予定はありますか?
1 ある 45.2
2 ない 45.2
3 わからない 9.5
全体(N数) 241

お年玉をあげる予定の人とあげない予定の人が同数の 45.2 %となりました。

Q5.お年玉の1人あたりの予算はいくらですか?(Q4で「ある」と回答した人のみ、N=109)

■最多「 1万円以上2万円未満」 28.4 %

Q5 お年玉の1人あたりの予算はいくらですか?
1 1千円未満 5.5
2 1千円以上3千円未満 11.0
3 3千円以上5千円未満 19.3
4 5千円以上1万円未満 27.5
5 1万円以上2万円未満 28.4
6 2万円以上3万円未満 3.7
7 3万円以上 0.9
8 年齢に合わせた金額 3.7
9 わからない 0
全体(N数) 109

お年玉の子ども1人あたりの予算の回答でもっとも多かったのは、「1万円以上2万円未満」28.4 %、次点で「5千円以上1万円未満」27.5 %となっています。

お年玉の子ども1人あたりの予算は、「5千円未満」が35.8 %、「5千円以上」 40.5%となっています。

Q6.お子さんは、親(保護者)以外からお年玉をもらう予定はありますか?(Q4で「ある」と回答した人のみ、N=109)

■最多「 祖父母」 55.0 %

Q6 お子さんは、親(保護者)以外からお年玉をもらう予定はありますか?
1 親以外からもらう予定なし 15.6
2 成人している歳の離れた兄弟姉妹 5.5
3 祖父母 55.0
4 曽祖父・曽祖母 1.8
5 伯父伯母・叔父叔母(保護者の兄弟姉妹) 3.7
6 親戚 11.0
7 その他 0
8 わからない 7.3
全体(N数) 109

親(保護者)以外から子どもがお年玉をもらう予定があると回答した人は77.1 %、その中で最多は「祖父母」55.0 %となりました。

Q7.親以外からもらったお年玉の総額はいくらぐらいですか?(2021年に受け取った金額で回答してください)(Q6で「親以外からもらう予定なし」「わからない」と回答した人以外、N=84)

■最多「 1万円以上2万円未満」 27.4 %

Q7 親以外からもらったお年玉の総額はいくらぐらいですか?(2021年に受け取った金額で回答してください)
1 1千円未満 1.2
2 1千円以上3千円未満 6.0
3 3千円以上5千円未満 2.4
4 5千円以上1万円未満 14.3
5 1万円以上2万円未満 27.4
6 2万円以上3万円未満 19.0
7 3万円以上5万円未満 19.0
8 5万円以上 2.4
9 わからない 8.3
全体(N数) 84

2021年で親(保護者)以外からこどもがお年玉をもらった金額の総額の回答でもっとも多かったのは「 1万円以上2万円未満」 27.4 %で、全体的な区分で見ると「5千円未満」9.6 %、「5千円以上」82.1 %となりました。

Q8.お子さんと、日々のお小遣いやお年玉などを含めたお金の使い方のお話しをされますか?(N=241)

■最多「 たまに話をする」 24.5 %

Q8 お子さんと、日々のお小遣いやお年玉などを含めたお金の使い方のお話しをされますか?
1 よく話をする 10.8
2 時々話をする 16.2
3 たまに話をする 24.5
4 あまりしない 22.4
5 お金の話をしない 22.0
6 その他 0.8
7 わからない 3.3
全体(N数) 241

親子でお金の使い方や管理について話をするか?の質問に対して、もっとも多かった回答は「 たまに話をする」 24.5 %で、親子でお金の使い方や管理の話をする人は51.5 %、話をしない人は44.4 %となりました。

Q9.お子さんがもらったお年玉は誰が管理していますか?(Q4で「ある」と回答した人のみ、N=109)

■最多「 親管理(本人名義の口座で親が管理している)」 50.5 %

Q9 お子さんがもらったお年玉は誰が管理していますか?
1 本人管理(本人名義の銀行等の口座で本人が管理している) 35.8
2 親管理(本人名義の口座で親が管理している) 50.5
3 銀行等の口座に預けないで本人管理 9.2
4 銀行等の口座に預けないで親管理 1.8
5 その他 0
6 わからない 2.8
全体(N数) 109

もらったお年玉の管理方法の最多は「 親管理(本人名義の口座で親が管理している)」 50.5 %、次点で「本人管理(本人名義の銀行等の口座で本人が管理している)」35.8 %となりました。大きな区分でみると「本人管理」は45.0 %、「親管理」は52.3 %です。

Q10.お子さんからお年玉で欲しいものを買いたいと言われた場合、どういう対応をしますか?(Q4で「ある」と回答した人のみ、N=109)

■最多「 本人に任せる(お年玉を使わせる)」 50.5 %

Q10 お子さんからお年玉で欲しいものを買いたいと言われた場合、どういう対応をしますか?
1 本人に任せる(お年玉を使わせる) 50.5
2 欲しい物を確認して、価格や必要性で親が判断する 42.2
3 本人のお年玉は使わずに親が購入する 4.6
4 欲しい物を買わさずお年玉を使わせない 0.9
5 その他 0
6 わからない 1.8
全体(N数) 109

お年玉で欲しいものを買いたいと子どもが言い出した時の対応でもっとも多かった回答は「 本人に任せる(お年玉を使わせる)」 50.5 %、次に「欲しい物を確認して、価格や必要性で親が判断する」42.2 %でした。

調査概要

調査名:お年玉に関するアンケート調査
調査主体:自社調べ
調査対象:子どもを持つ、全国の20歳以上59歳までの男女
調査期間:2022年12月9日の1日間
調査方法:インターネットリサーチ
対象者:属性詳細

年齢層 男性 女性 合計
20歳〜29歳 0 5 5
30歳〜39歳 18 29 47
40歳〜49歳 30 36 66
50歳〜59歳 73 50 123
合計 121 120 241

■■報道関係者さまへのお願い■■
本リリース内容の転載にあたりましては、「コのほけん!編集部 調べ ( https://konohoken.com/ )」と表記いただけますよう、お願い申し上げます。

  • この記事を書いた人

コのほけん!編集部

自分に合った保険を、自分で選べる世界を。
個人ひとりひとりが「この保険に決めた!」と納得できるように、保険の基本からメリットデメリットを含む選び方、保険金・給付金請求など保険の使い方を含め、役立つ情報をお届けいたします。オンラインで保険を探すなら、【コのほけん!】

-連載